« 計り知れない・・・(BlogPet) | Main | 計り知れない・・・(BlogPet) »

Saturday, 09 September 2006

9月の仕事

忙しかった夏を終えると、9月から予定している案件に参画するまでの間、ぼくは少し長めの夏休みを取った。

ところが夏休みの最後の週末、一通のメールが届いただった……


このblogに何度となく訪れて下さる皆様は、きっとぼくと同じ感想を抱くことだろう。

そう、また…なのである。


今回は一次受注元がミスったのである。どうも先方の予算額を遥かに超えた価格で提案書を提出したらしい。で、未だ本契約に至れず、というわけ。

さらに悪いことは、一次受注元は先方と完全に切れたわけではないのである。他社からも提案書をもらって再検討するらしい。よって結論が出るまで待機。


なんだかなあ。事前に根回しして予算くらい聞いとけ、と。官公庁の入札じゃないんだからさあ。

|

« 計り知れない・・・(BlogPet) | Main | 計り知れない・・・(BlogPet) »

Comments

官公庁の名誉のためにいっとくけど、各事業の予算は、ホームページで公開されてるよ。

ちなみに流山市はここ。
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/section/zaisei/download/H18yosan/H18ippan.p

開札調書だってほら。
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/section/kanzai/download3nyuusatuketuka/ketukaH18.htm

案外、情報公開は進んでるのさ。

Posted by: Spock | Sunday, 10 September 2006 at 00:45

昔、官公庁の仕事もやってたことがあるので、各課の全体の予算や入札後の情報が公開されているのは知っていますが、入札公告の段階では予算は公開されないのでは?

Posted by: だりーの | Sunday, 10 September 2006 at 10:39

ネットで先方など悪いことは
だりーのたちが、最後などを受注するはず。

Posted by: BlogPetの雄町 | Sunday, 10 September 2006 at 13:59

もちろん、入札直前の設計金額などが公開される訳ではありませんが、こと「予算」というものに限っては、年度当初に各事業ごとに示されています(全て事業単位とは限りませんし、暗黙の5年継続した場合の年間経費というのもありますが)。つまり、この予算を越える札を入れるということは、お馬鹿なわけです。

例えば、今年から始まる図書館のネット検索の委託費は、この中に含まれています。昨年の委託料と比べれば、その差は分かるのではないかと思います。

以下、市公式HPより

(56) 図書館情報提供サービス事業 図書館    14,000

 需用費                    ( 988)
  消耗品費                    988
 役務費                   ( 1,403)
  通信運搬費                  1,403
 委託料                   ( 2,386)
  機器保守点検委託料              2,386
  ・電算システム保守委託料           2,386
 使用料及び賃借料              ( 8,549)
  ・OAシステム(ソフト)使用料         295
  ・OAシステム(機器)使用料         8,254
 工事請負費                  ( 327)
  ・スーパーワイドLAN導入工事請負費      327
 備品購入費                  ( 347)
  施設用備品購入費                347
  ・施設事業用備品購入費             347

以上

Posted by: Spock | Sunday, 10 September 2006 at 20:01

なるほど。予算計上されてる場合は、こういう資料を見ればいいのですね。
「図書館情報提供サービス事業」について調べてみました。今年の10月から始まる新システムなんですね。インターネットや携帯電話経由での蔵書検索および利用予約が行えるようになるサービスだとか。。

逆に疑問が沸いてきますが、こんな予算で可能なんでしょうか。しかも予算の6割をHW/SWの費用が占めていますし。。。

Posted by: だりーの | Monday, 11 September 2006 at 10:27

この手のソフトはパッケージ化されてるから、そんなに気合入れなくても大丈夫なんでしょう。
議会のVODでも、ASPサービスだから始められたわけだし。
これが、流山七人の侍がビデオ撮影も自前でして、ようつべなんかに自分でアップロードしてました、ということなら電解焼酎でもワイルドターキーリキュールでも差し入れてやろうという気になったのに(w

Posted by: へろそ | Monday, 11 September 2006 at 11:42

なるほど、パッケージねえ。今度、最高裁んとこの図書館関係者にも聞いてみますわ。

Posted by: だりーの | Monday, 11 September 2006 at 14:34

こんなのでしょ?
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/app/looks/public/

だいたい、ハード込みで100万円~だというので。
http://www.hitachi.co.jp/Div/jkk/press/030304.html

最高裁の図書館って、判例集をDB化してるの?
国会図書館とかのレベルでものを考えちゃだめだって(w

Posted by: へろそ | Monday, 11 September 2006 at 16:07

この事業では、各図書館に最低一台以上、計12台のPCを入れるんですよ。図書館でネット検索ができるようにするのか主な目的のようです。で、このほかに図書利用者向けのネット貸出予約用のパッケージがあるんです。

パッケージの100万というのは「ハコ入れるだけ」という価格でしょう。ネット経由で利用予約できるようにするためには、3~5倍くらいのコストがかかるのでは?カスタマイズなしってわけにも行かないでしょうし、蔵書データの移行や連携の部分とかあるし。

ところで、このサービスの開始前には2週間程度の休館を・・・その間の人件費・・・たぶん、最初は・・・とすると、(2+8)x5ってところですか・・・

Posted by: だりーの | Monday, 11 September 2006 at 17:14

あ、差し入れはこちら・・・流山郵便局本局私書箱流7侍ボロもうけ・・・まで。

Posted by: Spock | Tuesday, 12 September 2006 at 21:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12434/11820293

Listed below are links to weblogs that reference 9月の仕事:

« 計り知れない・・・(BlogPet) | Main | 計り知れない・・・(BlogPet) »