« November 2006 | Main | January 2007 »

Thursday, 28 December 2006

こうさく

買い物を終えて家に戻ると・・・

061223_13290001

なにかが散乱している。
食品のトレイらしい。
これをハサミで切ってなにか作っている。。

061223_13300001

胴体の切込みは、手伝いました。
ハサミはいいけど、カッターはまだ危ない。

061223_13320001

完成。
設計図もなく、発泡トレイとハサミを持って、フンフンと鼻歌を歌いながら、こんなものが。
寸法とか測ってないのに、主翼がと胴体がぴったりというのは、どういうわけだろうか?

将来は百鬼丸先生のところに弟子入りか?


そうは言っても、当然のごとく飛ぶわけは無いのである。

061223_13430001

が、オトーさんが、ケーブルを束ねるアレをニッパーで適当な重さに切って、機首にセロテープで取り付けてみた。
さすがに「飛ぶ」は無理だけど、多少「滑空」らしいものをすることは出来ました。しかしリリースのタイミングが難しい。

061223_13420001

完成形。


この才能。
なにかいい活かし方はないでしょうか。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

Wednesday, 27 December 2006

朝でいいはずであるゲームソフトを手にした(BlogPet)

朝でいいはずであるゲームソフトを手にした?
去年電車を準備すればよかった?
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「雄町」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

迂回路を探して

迂回路を探して

国際展示場駅に来ました。

駅の中がアニヲタ向けになってて、ちょっと驚いた。

写真、暗いかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

武蔵野線

今朝の武蔵野線、遅れています。

9:30には東京駅に着いているハズがまだ新木場駅にも到着せず。

今朝は気温が暖かいので電車の中が暑い…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 25 December 2006

ゲームのルール

思いがけず2つのプレゼントをもらったさと。願っていたポケモン パールのほか、ダイヤモンドももらったので、大変に喜んでいた。


うちではゲームをやるのは、1日30分と決まっている。しかも、条件付きである。

  • 一日4枚以上の学習プリントをやってから。たくさんプリントをやると、翌日はプリントをやらなくても良い。
  • 出かけるときにはDSは持っていかない。ポケモン系のイベントは例外だが、リュックに入れたまま。電車の中ではやらない。
  • 友達の家には持っていかない。

    去年のブログを見ると、去年は1日30分が2回だったようだ。
    そういえばある日、ゲームの終了時間が守れなくて、散々に怒られて、2週間ほどゲーム禁止になった上、一日1回30分になったんだった。

    今朝は、起きてすぐにゲームソフトを手にしたが、パッケージを開けてトリセツを見ただけ。昨日、8枚くらいのプリントをやっていたのでゲームしてもいいはずである。「ゲームしないの?」と聞くと「朝ごはん終わってないから」という。

    ああ、そういえば、そういうルールもあったかも。
    以前、朝ごはんの前にゲームをやっていて、ご飯の前の手洗い、うがい、洗面がちっとも準備できなかったときがあって、ルールを作ったんだった。しかもそのルールを設定したのはオイラだった。忘れてた。

  • 朝ごはんが終わるまでは、ゲームはしない。

    プレゼントもらったばかりで早くやりたいだろうに、設定したオイラが忘れてるルールまで守ってるなんて。

    真面目というか素直というか。

  • | | Comments (4) | TrackBack (0)

    クリスマスプレゼント

    クリスマスイブの日。夕方からパーティーをした。
    パーティを終えると、歯磨きをし、パジャマに着替える。いつもはちっとも寝ないのに、今日に限ってさっさと寝る支度である。

    さとも、クリスマスプレゼントが楽しみな様子である。

    「オトーさんも早く寝て!サンタさん来てくれないよ!」

    幼稚園に行くようになると、サンタさんを信じない(というか現実を知る)子供も多いようだが、ウチはまだまだ信じきっている。まだまだカワイイのである。来年には小学校にあがるというのに。このままでは騙されやすい子供にならないだろうか、とちょっと心配したり。

    さて。
    さとの寝息が、一定の間隔で聞こえるようになる頃、目が覚める。 眠いが、このままうっかりと朝を迎えてしまっては、サンタさんが来なくなってしまう。信じている子供を前に、その失態だけは避けなければならない。
    ツリーやら星やらがデザインされている金色の包みに入ったプレゼントをそっとクリスマスツリーの元へ置く。中身は、さとの希望した、ポケットモンスター パールともうひとつ。。

    思えば昨年は、夜中にいきなり起きてプレゼントを確認したのであった。

    25日の朝。というより夜中。
    ふと眼が覚めたさとは、枕元を見て
    「ああー!! プレゼントが届いてる!!」
    って。ふふふ。オトーさんが寝る前に枕元に置いておいたのだよ。
    今年も夜中にフト起きるんだろうか。と思いつつ、サンタさんも眠るのだった。


    深夜。
    さとが、もぞもぞしている様子で目が覚める。
    起きたか?しかし、ただの寝返り。

    しばらくして、さとがなにやら言っている声で目が覚める。
    しかし、ただの寝言だった。
    今夜はどうも、眠りが浅い。さとが驚く顔がみたいから、気になって起きてしまう。


    次に目覚めると、夜中の暗い中、常夜灯をひとつつけて、さとが布団の上でゲームをやっていた。「オトーさん、モウカザルに進化したよ!」と喜んでいる。
    しまった、プレゼントを開けて、驚くところを見逃した!
    夜中に布団でゲームやったらいけないじゃないか、まったくもう。
    それにしても、もう進化するなんていくらなんでも速いじゃないかよ。暗いところで、そんなに長い時間やったのか。

    「プレゼントもらってうれしいのは判るけど、明るくしてやりなさい!」
    という前に、目が覚めた。(オイラ、気になることがあると夢を見る癖があります)


    5時。
    オイラがトイレに起きる。
    さとが起きた様子がない。
    プレゼントも未開封である。いくらなんでもそろそろ起きるかも。


    7時。
    普通の朝になってしまった。まだ寝てやがる。しかもぐっすりである。まるで起きる様子がない。ゆさゆさと揺すってみても起きやしねえ。

    なんで起きないんだよ!!
    プレゼント楽しみじゃねーのか!!
    こっちはお前の夢まで見てんのに。。


    仕方ないので、耳元で囁く。
    「サンタさん、プレゼント持って来てくれたかなあ?」

    ぱち。
    ようやく目覚めた。プレゼントを探す。昨年は枕元に置いたので、枕元を探したが無かったので慌てる。「ママが持って行っちゃったのかな?」

    ツリーの前に行き、手紙の代わりにプレゼントが置かれているのに気づく。
    「やったー!プレゼントだ!」
    封を開けると
    「あれ?うわー。ダイヤモンドも届いてる!2つだ!ラッキー!!」
    で、上を向いて(我が家は普通の白い天井です)
    「サンタさん!ありがとう!」

    本当にかわいい。
    こういう風に信じてくれるのも、いつまでだろうなあ。

    | | Comments (11) | TrackBack (1)

    Saturday, 23 December 2006

    サンタさんへの手紙

    サンタさんへの手紙

    ようやく書きました。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    Friday, 22 December 2006

    黒酢バー

    黒酢バー

    黒酢バー

    市川駅にて発見。

    時間がなかったので試せなかったが、流行ってるんだろうか。

    | | Comments (1) | TrackBack (0)

    宇宙の和菓子

    AstroArtsの「飲み星食い月す」から。

    Vol.17 お題は「宇宙」、季節の和菓子

    これをつくったのは、創業八十年の山形県東田川郡三川町にある幸栄堂製菓舗。丁寧に包装された箱から出てきたのは、五つの和菓子たち。名前は、左上から時計回りに「銀河」、「ビッグバン」、「コロナ」、「水星」、そして真ん中が「冥王星」となっている。
    食べてみたいが、もう販売終了とのこと。残念。

    | | Comments (8) | TrackBack (0)

    Thursday, 21 December 2006

    プレゼントの予定

    いよいよ今年もクリスマスが近づいてきた。6歳の幼稚園児は、まだサンタさんを信じているらしい。

    さとが、今年ほしいプレゼントはポケットモンスター・パール。9月末に発売されたもので、友達のうち何人かは既に持っているようだが、ずっと我慢させてきた。
    何度か書いているが、もともとウチでは、おもちゃをもらえる日は決まっている。ひとつは誕生日。ひとつは課題クリア時。そしてもうひとつがクリスマスである。

    欲しいものが判っているし、クリスマス直前になって買えないと困るし、ということで今月の初めには準備をしておいた。

    ところが先日、ポケモンセンターに行ったとき、ディスプレイされていた「パール」が目に止まって「どうしても欲しい」という。

    そんなこと言われても、もう買ってあるんだけど。

    とは言えずに、いちおう筋を通した。
    「(課題の)九九言えるようにになったのか?」
    「2の段と3の段だけ、言えるよ」
    「全部は?」
    「まだ・・・(半泣き)」
    「大体クリスマスにもらう予定のものを、なんで今日欲しくなったのさ?」
    「・・・安かったから」
    「??・・・とにかく九九を覚えてから!」

    ポケモンセンターは定価売り。量販店にいくと1割引で買えるので、安くないんだけど。今、思えば、値段を見て「買ってもらえる値段だ」と思ったんだろうな。なんだかなあ。変なヤツだ。

    変なヤツといえば、先日デジモンカードバトルをやったときのこと。
    いつも小遣いから100円玉をもっていき、これでゲームをするんだが、たまたま友達に会って計300円分のゲームをした。200円オーバーしたので「あとでお小遣いから返しなさい」と言ったら、家に帰ってからちゃんと返してくれた。真面目というか素直というか。。


    今年のサンタは間違えて2つ置いていくかもなあ・・・


    それにしても「さっさとサンタさんに手紙書け!」と言っているのに、昨夜の時点ではまだ書いていない。今夜書いてなかったら「卓上七輪」と書いてしまうぞ!


    オトーさんはこっちがいいと思うんだけどなあ。

    | | Comments (7) | TrackBack (0)

    Wednesday, 20 December 2006

    本に対する興味

    最近、さとがめちゃくちゃお気に入りの、かいぞくポケット

    ららぽで買ってきたばかりのときは、読み聞かせだった。
    2週間ほど前には、わからない漢字を聞きながら、一人でたどたどしく読んでいた。
    ところが、最近ではスラスラと音読するようになった。

    この本に出てくる漢字も、一通り読めるようになったらしい。何度も繰り返し読んでいたというのもあるのだろうが・・・

    最近は本に対する興味を持ち始めたらしく、先日イトーヨーカ堂に行ったときは、およそ1時間、本屋から出てこられなかった。読んでいた本は、幼稚園の発表会の演目にあった「美女と野獣」「孫悟空」に始まり、家で干支の話をしていたので「十二支のお話」、家では見せてないのに「ウルトラマン」などなど。

    さとが夢中になっている間、オイラはだんだんと退屈になってきて、近くをウロウロしてみるものの、さすがにフロアを移動するわけにも行かず・・・

    というわけで、本屋でいろいろ見ていたら、面白そうな本を発見した。

    おおきなポケット 2007年1月号
    ポケットつながり、となってしまったが先のものとは無関係で、今号は目の錯覚に関する内容が掲載されていた。

    紹介文を引用すると

    私たちの目にうつるものの姿は、いつも正しいとは限りません。まっすぐのはずの線がゆがんで見えたり、ときにはそこに“ない”はずのものが“ある”ように見えてしまったり。目の錯覚によって生じるこのような現象を、視覚的な遊びとして楽しめるよう、やわらかな中にも工夫を凝らした絵で表現。「見る」とはどういうことなのかを伝えます。
    動いていないのに動いているように見えたり、色が変わって見えたり・・・と、かなり不思議な体験だった様子。

    どちらのポケットも、また読みたい、とのことでした。

    | | Comments (5) | TrackBack (0)

    Tuesday, 19 December 2006

    きょうは(BlogPet)

    きょうは、塗装したかった。
    しかもだりーのと歩道橋に修復すればよかった?


    *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「雄町」が書きました。

    | | Comments (3) | TrackBack (0)

    Monday, 18 December 2006

    「しんぴのチケット」「むげんのチケット」

    「しんぴのチケット」「むげんのチケット」プレゼント

    ルギア、ホウオウ、ラティアス、ラティオスは、GBAソフト「ポケットモンスター」シリーズでも入手困難なポケモンたち。今回は、これらのポケモンを手に入れることができる「しんぴのチケット」「むげんのチケット」をプレゼントするぞ!
    ・・・というわけで、一行はポケモンセンターを目指すのであった。

    しかし、ポケモンセンターの配布イベント、前回は2時間も待ったのである。

    前回の教訓を思い出すと、
    ・メシは食ってから並べ!
    ・トイレも済ませてから並べ!
    ・冬は寒いので対策しておけ!

    というわけで、お昼を済ませて、暖かい格好をして出発したのであった。東京駅到着後、八重洲地下街でトイレは済ませる。もうバッチリである。

    14:30頃到着。

    休日で、しかもクリスマス前。予想通り、ポケモンセンター前に行くと、行列があった。しかも2つ。?と思ってよく見ると、ポケモンセンターへの入店も制限されていた!

    これは並ぶだろうなあ、だが準備に抜かりはない、フフフ。
    と、並ぶこと20分。あっさり順番が来てしまった。。


    拍子抜けである。
    なんだよ、もう!


    さて、いつもどおり通信ケーブルでポケモンを・・・
    と、今回はポケモンではなくて、チケットだった。

    どうやら「殿堂入り」をしないと使えないチケットらしい。
    さとに「殿堂入り」したのか聞いてみると「してない」と。

    30分/日しかゲームができないさとは、ポケモンもなかなか進まないらしい。

    というわけで、権利だけを手に入れた一日でした。

    | | Comments (4) | TrackBack (2)

    歩道橋

    この週末、南流山駅入口交差点の歩道橋の塗装が終わって、足場などが取り外された。
    ちょっと見回ってみると、

    Bridge1

    穴も修復されてる!信じられないかもしれませんが、以前は1cmくらいのスキマがあったんですよ・・・これ、開いてると怖いもんねえ・・・

    早速、歩道橋の上を、歩いてみた。

    Bridge2

    ・・・なんだこのフワフワ感は!?

    なんという舗装材なのかわからないので、うまく伝わらないと思うが、見た目アスファルトっぽいんだが、ちょっと柔らかめの材料を使ってて、歩くとほんの少し沈むアレが使われてるらしい。多分、水はけが良くて、転んでも多少安心で、しかも材質も軽いんだろう。

    が、歩道橋の上でフワフワというのはちょっと、怖い。歩道橋を降りて、もう一度眺めてみると、

    Bridge3

    「南流山一丁目」??
    ここは「鰭ヶ崎歩道橋」という名前じゃなかったっけ・・・?

    不思議に思って見回すと、別のところには「流山市鰭ヶ崎」と書いてあった。

    Bridge4

    なんとなく、歩道橋には歩道橋の名前が書かれているような気がしてたんですが。。。
    気のせいでしょうか?

    | | Comments (4) | TrackBack (0)

    Saturday, 16 December 2006

    北千住にて

    北千住にて

    普段は利用しないTX。
    飲んだときくらいしか乗らないけれど、金曜の北千住駅はいつもこんな感じです。

    | | Comments (6) | TrackBack (0)

    Thursday, 14 December 2006

    第10話より

    ガルマ編でもつくってみたのです。


    ガルマ「どうだ?キラーソフトは出てきたか?」
    ジオン兵「いえ、まだです」
    ガルマ「ど、どこだ?なぜ出てこない?」
    シャア「連中も会社経営のコツを呑みこんできているのさ」
    ガルマ「こうなったらSCEで開発するしかない」
    シャア「まあ待て。そういうことなら、私が自分の会社で作ってみる」
    ガルマ「やってくれるか?」
    シャア「当たり前だろう、君は私の株主だ」
    ガルマ「今はそうだが、もともと君は独立系のゲームソフト会社だ。私だって」
    シャア「いつになく興奮しているようだが、シェアの為に功を焦るのはよくない。落ち着くんだ」
    ガルマ「任せる」
    シャア「うん」
    ガルマ「私がシェアの為に焦っているだと?馬鹿な。私は冷静だ」


    ガルマ「シャア、ファイヤーエンブレムなりメトロイドなりを発見したらすぐに知らせろ。みんなのゴルフで仕留めてみせる」
    シャア「わざわざのお見送りには恐縮するよ。今回はそのつもりだ。頼むよ、ガルマ」
    ガルマ「頼んだぞ、シャア」
    シャア「勝利の栄光を、君に」


    ガルマ「うあっ……ど、どうした?」
    ジオン兵「ニトロから攻撃を受けました」
    ガルマ「ニトロだと?」
    ジオン兵「ド、ドラクエです、ドラクエがニトロから」
    ガルマ「…上昇だ、上昇しろ」
    ジオン兵「無理です」
    ガルマ「180度回頭だ。グランツーリスモをドラクエの発売日にぶつけてやる」


    シャア「フフフフ、ガルマ、聞こえていたら君のプラットフォームの不幸を呪うがいい」
    ガルマ「なに?不幸だと?」
    シャア「そう、不幸だ」
    ガルマ「シャ、シャア、お前は?」
    シャア「君はいいプラットフォームであったが、君の販売戦略がいけないのだよ。フフフフ、ハハハハハ」





    余談だが「勝利の栄光を君に!」の画像を探していたら、どっかの政治家のページを見つけた。

    で、レスキュー2006世界大会壮行会というところに

    ・・・・彼らにはとにかく頑張ってほしい。

     『機動戦士ガンダム』シャア・アズナブル風に

    「勝利の栄光を君に!」

    壮行会ということで言葉を選んだのかもしれないが・・・
    これ。
    こういう風に使いませんから。
    これから陥れる人を、最後まで騙すために使う言葉ですからね。

    | | Comments (3) | TrackBack (1)

    サケの写真

    以前、書いた大堀川のサケ。魅力的な写真を多数掲載されているいちごいちえさんのブログにサケの写真が多数ありました。


    柏にサーモン!

    いいですね。この間合い。

    オイラには、コンビニに探しに行くという発想が不足していました。
    最近の時代、探し物はまずコンビニというのが当たり前なのかもしれません。


    こちらにもサケの写真がありますが、とりあえず「柏にサーモン!」をご覧になってから。

    リベンジの結果

    | | Comments (8) | TrackBack (0)

    Wednesday, 13 December 2006

    第38話より

    へろそさんに感化されました。


    シャア「他社で出すなと言ったはずだ。そ、それがニトロとはな」
    セイラ「兄さんこそ、PS3を出してまで任天堂に復讐しようなんてやることが筋違いじゃなくて?」
    シャア「お前の兄がその程度の男だと思っているのか?アルテイシア」
    セイラ「え?」
    シャア「PS2互換を謳って、生産数が不十分のまま無理やり出荷したのも、任天堂に近づきたかったからだ。しかしな、アルテイシア、私だってそれから少しは大人になった」
    「PS3の発売日を決めるだけでは人類の真の平和は得られないと悟ったのだ」
    セイラ「なぜ?」
    シャア「暴動の発生だ」

    シャア「アメリカ市民を敵にするのは面白くない。今後は手段を選べぬ、ということだ」
    セイラ「岩田社長は、Wiiは人類全体が変わるべき理想のタイプだ、と教えてくれたわ。だったら、Wiiを敵にする必要はないはずよ」
    「キャスバル兄さん、兄さん何を考えてるの?」
    シャア「もう手段を選べぬと言った。アルテイシアはあのニトロから降りるのだ」
    セイラ「ニトロ?DSの開発コードネーム?」
    シャア「ああ。ニトロからPS2に移植できるくらいの開発費を残していく。PS2で発表して互換性を持たせろ。私はもう、お前の知っている兄さんではない」
    セイラ「に、兄さん」
    シャア「私がPS3を出荷した訳がわかるな?私は過去を捨てたのだよ」
    セイラ「兄さん」
    シャア「・・・アルテイシア、プラットフォームをもう一度再考してくれないか?」
    セイラ「思い直してください、兄さん」
    シャア「きれいだぞ、PS3は」

    シャア「ドラクエにネットワーク型アクションRPGは似合わん。ニトロを降りろよ」
    セイラ「兄さん、キャスバル兄さん」
    「キャスバル兄さん」

    | | Comments (3) | TrackBack (1)

    Tuesday, 12 December 2006

    紹介が遅れたので(BlogPet)

    きのう雄町が、ここへジャックを話したよ♪


    『拉致は人権侵害』訴え流山で横田めぐみさんの写真展(東京新聞)流山で横田めぐみさんの写真展をやってるそうです。

    紹介が遅れたので、期間が短いのですが、12月2日の午後2時からは、南流山センターで滋さん、早紀江さんによる講演会を予定された日本人を救出するための全国協議会




    *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「雄町」が書きました。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    Friday, 08 December 2006

    名刺

    フリーランスで仕事をしていて、いくつかの会社の契約社員として働いていると、自分個人の名刺以外にも、契約先から支給される名刺を持っていたりする。

    というわけで、オイラの名刺入れには数種の名刺が入っている。

    で、この前、お客様先で名刺交換をしたときのこと。

    何人かと交換した後、次に取り出した名刺が、今の契約先と違う名刺が出てきてしまって大変慌ててしまった。

    ボーっとしてたので、危うく別会社の名刺を渡しちゃうところでした・・・

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    ジャックと豆のツル

    この前の幼稚園の発表会の出し物の中に「ジャックと豆の木」があった。この話をはじめて聞いたとき、さとはとても不思議に思ったという。

    どの辺りに違和感を覚えたのか聞いてみると、

    「豆の木じゃなくて、豆はツルじゃないの?」
    「ジャックが登る木もさ、木の色じゃなくて、緑色のツルじゃん?」
    ・・・なるほど。そうきたか。
    そうだなあ。なんでだろうね?それにしてもイイ着眼点だ。

    調べてみると「ジャックと豆の木」はイギリスの童話で、原題は「Jack and the Beanstalk」。Beanstalkを三省堂 Web Dictionaryで調べてみると「豆の茎」。stalkだけだと「茎,花梗(かこう),葉柄」。イギリスでは「ジャックと豆の茎」となるらしい。豆だとこの方がしっくりくるような。

    では、なんで日本では「豆の木」なんでしょう?単なる誤訳?

    楽天でジャックと豆の木と称する観葉植物を発見。


    見てみると、説明欄に「マメ科/常緑高木」とあるではないか。別名「カスタノスペルマム」とあるので、こちらを調べてみると、
    カスタノスペルマム属(wikipedia)

    オーストラリアビーンズ、ジャックと豆の木、グリーンジャックなどといわれる植物。北東オーストラリア原産の常緑高木であるが、幼木は観葉植物としてよく栽培されている。

    で、wikipediaには、なんだかよくわからない現代版が記載されている・・・。なんだこれ・・・?

    西暦200X年、ジャックは母親からのメールでバイオファクターでクローニングされた牝牛のオプション取引をしにいく。しかし、途中で携帯に着信した男の遺伝子組み換え豆と牝牛の買いオプションを交換してしまう。

    ジャックと豆の木(wikipedia)
    ジャックと豆の木(青空文庫)

    | | Comments (4) | TrackBack (0)

    Thursday, 07 December 2006

    メルシャン流山工場

    メルシャン流山工場閉鎖へ みりん醸造の先駆け(産経新聞)

    流山のヨーカ堂からほど近い場所にあるメルシャン流山工場が、来年3月末で操業をやめ、9月には更地にされるという。

    跡地利用については何も決まっていないようで、流山市としてはなんとか(工場を再建設するなどの)存続を願っているようだが、おそらく売却、となるんでしょうなあ。
    仮に売却された場合、どんなふうに再利用されるんだろう。

    こういう工場の跡地って宅地利用って出来るんでしたっけ?出来ないとすると、別の製造業や流通業の倉庫とか?ただ、都内方面にはそれほど便利な場所じゃないしなあ。。

    となると大型商業施設・・・?でも、東葛地域は既に飽和状態だよなあ。10年後にはどっかが潰れてる予感もするし。

    この近辺になくて、あったら良さそうな施設といったら・・・?

    | | Comments (2) | TrackBack (0)

    よくあること

    12/7 「12/5-12/7ココログメンテナンス」について

    12月5日(火)10時より実施しております、ココログベーシック/プラス/プロのメンテナンスについて、ご報告いたします。
    (中略)
    昨夜の負荷テストにて、負荷が高まりレスポンスが悪化するという現象が発生いたしました。当初は改善できる項目であると判断し、修正/検証作業を行いましたが、本日になっても原因の特定ができず、問題の解決には更に長時間を要すことが予想されたため、一旦メンテナンス前の状態に戻させていただき、12月7日(木)15時にサービスを再開いたします。
    この業界にいる人間から見れば「よくあること」と思う。

    でもね、聞いてみたいんだけど、テスト環境というのはないのかね?
    無いとしたら、フリー版でテストしたらいいんじゃん?

    いつもいきなり本番機でやってるという感が否めないんだけど。。

    | | Comments (2) | TrackBack (0)

    Monday, 04 December 2006

    キスの仕方

    日曜日、幼稚園で発表会があった。さとの役は「むらのおとこ」。声も出ていたし元気に演じていた。幼稚園も3年目となると、成長の過程が見れて面白い。舞台に立つ子供を見るというのも、普通は小学生までですかね??

    というわけで、日曜日に園のイベントがあったので、翌月曜は代休である。

    翌日に幼稚園がある日は、さとは、早く寝なければならない。
    なので普段は、日曜洋画劇場は見られない。だが、この日は翌日が代休だ。ラテ欄を見ると、この日の映画は007 ワールド・イズ・ノット・イナフ。アクションモノが好きなので見せたら喜びそう。案の定、序盤のテムズ川を爆走するシーンなんかは、食い入るように見てた。

    TV版とはいえ007なんで、キスシーンなんかもさらっと入っていたりするんだが、これを見た6歳♂の感想はというと。

    「なんで外国人はキスするとき、口をあけてするの?」

    さとは、家族くらいしかキスをする相手がいないハズで、大抵フレンチキスなわけで。(オトーさんへのキスは、最近めっきりご無沙汰であるが・・・もう今後はないだろうなあ)
    まあ、子供にとっては純粋に疑問だったのでしょうなあ。

    そうねえ。。
    なんて答えましょうか。。。

    「あれが外国のやり方なんだよ。日本で口をあけてチューするとね・・・」

    「すると?」

    「欧米か!と突っ込まれる」

    さて、納得しただろうか・・・?


    007 ワールド・イズ・ノット・イナフ アルティメット・エディション
    タカアンドトシ/タカアンドトシ新作単独ライブ タカトシ寄席 欧米ツアー 2006

    | | Comments (6) | TrackBack (0)

    日本列島どっこいしょ

    さとに九九を覚えさせようと思って、九九のCDを買ってみた。単に九九だけじゃつまらんなあ、と思ったからこのCDを選んだんだが・・・


    99(くく)のうた~掛け算 九九(くく)のうた~

    このCDに入っている歌に「日本列島どっこいしょ~47都道府県名うたい込み~」というのがある。九九だけでなく、都道府県名も一緒に覚えられるしこれはイイ、と思ったんだけど。

    とにかく歌詞をご覧ください。

    初めて聞いたときに、頭の周りに???が浮かんでしまった。香川はなんでオリーブなんですか?うどんは??青森、石川、岐阜、佐賀はどういう意味?誰か解説してください。

    滋賀県なんか脱力。。。
    なぜに琵琶湖とか出てこないで、シュガー県となるんだろうか。。。

    歌詞を作るのって難しいんでしょうけど。。。

    それでも、さとはこの歌がお気に入りらしい。。。
    さとには「まだある県」という県があるのか、と聞かれるし。
    今度、地図を見ながら聞いてみようか。場所も覚えるし。

    | | Comments (52) | TrackBack (0)

    « November 2006 | Main | January 2007 »