« 九九の進捗 | Main | 大容量USBメモリ »

Wednesday, 28 March 2007

アメリカ空軍の新しい試み

無人車両の自動運転コンテストが、開催されているのはご存知だろうか。
既に過去に2回実施されている。

「自動運転時代」幕開けの一里塚になるか
今年11月に無人ロボット車両“市街地走行”コンテスト開催
大変興味深い試みである。
前回のコンテストの様子は「NHKスペシャル 危機と闘う・テクノクライシス 第2回軍事転用の戦慄 ロボット」で昨年放送されたので、ご存知の方も多いかもしれない。

うろ覚えだが、コンテストの概要を紹介すると、

  • 完全自立型の無人車両を目的地まで走らせる。
  • 通っていいのは「道路」だけ。コースを外れたら失格。
  • リモートコントロールは使用不可。
    要するに、市販されている一般の車に、カメラとセンサー、コンピュータを搭載して目的地まで走らせるのだ。こういう技術が確立されれば、将来、無人運転のタクシーに乗って出かけるという未来都市が出来るかもしれない。


    が、問題はこのコンテストの主催者である。
    それは、DARPA。米国防総省国防高等研究計画局だ。
    先の「自動運転時代」幕開けの一里塚になるかから引用すると

    補給物資の輸送という単純作業を、市街地においても無人のロボット車両に代替させることで、人的リソースをより重要な作業に振り分けること
    とあるが、カメラと通信設備が搭載されれば無人偵察車両、加えて銃火器が搭載されれば、無人攻撃車両として利用されることは明白である。


    では、無人航空機というのをご存知だろうか。
    読んで字のごとく、人が搭乗していない航空機のことである。

    既に軍事利用されており、実は世界各地で運用されている。
    2006年7月29日には、イスラエルが飛ばした無人偵察機が撃墜される。敵対するシリア軍に撃墜されたのではないか?と一触即発の状況に発展するも、なんとか開戦は回避される。

    そんな状況である中、アメリカ空軍がなんか新しい提案を検討中。

    Air Force is creating a new job specialty, UAV pilots.
    UAVとは無人航空機のことである。
    無人偵察機のパイロットってなんじゃ?と読み進めていくと、
    But the air force is also aware that the current crop of recruits are the X-Box generation.
    They grew up on video games, and the military has already found that all those thousands of hours wasted (according to parents) playing video games, developed skills that are quite useful in the military.
    ・・・おいおい、ちょっとまて!!!
    X-Box世代の人間がなんだって?
    ゲームばかりやってるやつがなんだって?
    こういうバーチャルとリアルの区別がつかない人たちのことは、ネトゲ廃人と呼ぶのではなかったか?

  • |

    « 九九の進捗 | Main | 大容量USBメモリ »

    Comments

    「米国国防総省主催の第3回ロボットカーレース」
    http://oo2.s43.xrea.com/mt/archives/000624.html

    のことですね、2007年11月3日開催のレギュレーションはそのように。第2回の砂漠でのテストは合格車がでてます。でも一般道を走らせるなんて、恐いですね~、開発者自信も恐ろしいと語ってたような気がします。

    国防省は莫大や予算を背景に開発を進めるけど、一から始めるより民間の研究者に任せた方が安くて手っ取り早いという安易な発想なんでしょう。お互いメリットがあるんだから良いようなものの、やはり軍が利用するんだから危ないものになるのは間違いない。

    でも、やはり無駄にお金を注ぐ、トライし続ける、ということがないと技術革新は遅くなるのかもしれませんね。ナイトライダー2000とか、バットマンカーが実際に走るのはいつ頃なんでしょうか?

    Posted by: Spock | Thursday, 29 March 2007 at 00:03

    純粋に技術の進歩として楽しみたいですよねー。

    ところでバットマンタンブラーは、まだまだ時間がかかりそうですが、ナイト2000デロリアンも、もう出来てますよ。

    Posted by: だりーの | Thursday, 29 March 2007 at 10:39

    >ナイト2000もデロリアンも、もう出来てますよ。

    コンテンツが未完成のままでも、UIを作って「できました!」と見せに来るタイプの人ですか?(w

    Posted by: へろそ | Friday, 30 March 2007 at 09:54

    ああ、そういうヒトいますねえ。
    でもまあ「できました!」も何にも反応しないヒトよりマシですよ。最近そういうののお守りさせられてて・・・

    Posted by: だりーの | Saturday, 31 March 2007 at 18:31

    車を運転するということだけでも、「認知・判断・操作」という無限ループをこなさなくてはいけないんですから、人間って結構、凄いものなんですね。

    近い将来、ホントの「ロボカップ」が開催されるような時代がくるとしたら、人間の真の価値が問われるんでしょうね、きっと。

    チェス(人間vsマシン)
    http://oo2.s43.xrea.com/mt/archives/000019.html

    Posted by: Spock | Saturday, 31 March 2007 at 22:41

    Post a comment



    (Not displayed with comment.)




    TrackBack

    TrackBack URL for this entry:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12434/14436502

    Listed below are links to weblogs that reference アメリカ空軍の新しい試み:

    « 九九の進捗 | Main | 大容量USBメモリ »