Friday, 13 April 2007

Unless Use of *

Unless Use of *[PDF]

面白すぎる。
このプレゼンって最高だったろうなあ。。。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, 14 June 2006

最近、めちゃくちゃ忙しい

なので、全然更新できてないけど、ネタ帖をみながら、書こうと思っていたネタを、ダイジェストでお届け。

◆ 激しくスッ転びました
5/21 さとと自転車に乗ってヨーカ堂に向かう途中、さとが激しくスッ転んだ。
坂道を降りる途中、スピードを出しすぎて、コントロール不能に。自爆。
右頬に裂傷。左腕に擦過傷。その他多数。一週間後には擦り傷の殆どは完治。しかし、3週間以上経つが、まだ右頬に2スジの傷が残る。自転車もかなり損傷。自らも激しく怪我をしたのに、事故後3日目くらいには、新しい自転車が欲しいと言い出す。なかなかにタフな精神で、嬉しい。

事故直後に思ったこと。
後続に自動車がなくてほっとした。
息子で良かった。娘だったら顔に傷が残って、居ても立ってもいられないかも。

今、これを書いてて思ったこと。
「減速できません。シャア少佐!」
すまんのう。こういうことすらネタにする父親で。


◆ 病院でたらい回し
怪我をしたのは日曜日。急いで病院へ。救急外来には、外科の担当者が対応してくれた。「明日もまた来て下さい」というので、今後も外科を受診するのかと思ったら。

顔の傷 →「首から上の怪我は脳神経外科」
脳神経外科で腕の傷を訪ねると →「皮膚科を紹介される」
その後、もう一度、外科にも案内される。

正直「派手な擦り傷」と認識していたおれにとっては、なんでこんなにたらい回しされるのかわからん。
その後、外科の先生が「こんなんで3箇所も回んの?」と不思議がってくれて、とりあえず一本にまとまった。良かった。


◆ ハードウェア納期決まる
現在参画しているプロジェクト、ハードウェアの納期が3週遅れで決定。遅れの理由は、アウトソーシング部署の承認漏れ。わずか3ヶ月のプロジェクトで、3週遅れってすごいよね。でも、こんなに遅れても、サービスインは変更なし。あはは、いつものことさー、ラララ。


◆ おでこに向けて3秒間
非接触型体温計。「サーモフォーカス」という。なんかのテレビで見た。

3.販売対象
病院・クリニック・学校・幼稚園・保育園・塾・ホテル・動物病院・ペットショップ等。
とある。
小売してないのかなあ?価格は2万5千円。
ちなみに、耳式の体温計は 3000~6000円くらいで購入可能。(楽天)


◆ 予算がないから後で!
システムを新規構築するときに、予算がないから一部の機能をomitすることが良くある。といっても本番機としての機能をomitすると、全体構想に影響が出てしまう。omitされやすい機能の一つが、開発環境だ。
現在の案件では、2年前にomitされた開発環境のクラスター構成を構築するというもの。既存の開発環境と、新規導入のハードウェアとで、クラスター化する。しかし、ハードウェアの型番が異なる。これ自体、クラスター化には問題ないけど、新しいハードには新しいソフトウェアが必要で、既存の開発機もバージョンアップが必要で、それじゃ本番機もバージョンアップしなきゃなんないじゃん、なんてことになっている。
ほんの一箇所の修正のつもりが、システム全体に影響を及ぼして来ている状態。

予算がないから後でクラスターを作りましょう、っていうのは現実的じゃないです。後からやると、本当に大変だから。最初からやっとけ。ちなみに、この仕事は「請けてはいけない案件リスト」に追加されました。早く抜けたいよー。


◆ 新大阪 江坂東急イン
江坂に出張。
ANAマイレージクラブ、国内ホテルのページ東急ホテルズの記載があったので、早速ここを予約。もちろんAMC経由の楽天トラベル

しかし。
ホテルでマイルの積算を申し出ると、インターネット経由の割引プランの場合は、マイル積算できかねます、と言われた。
お願いです。検索班の皆様。
どこにそんな文言が書いてあるのか教えてください。

しかも。
このホテル、インターネット接続は有料だ。そして高い。
ネットが全室無料だったロイネットが懐かしい。ロイネット東大阪もあるけど、ちょっと遠いんだよねえ・・・


◆ 江坂 食事処メモ
とんかつ がんこ
がんこグループ。150gのカツはボリューム満点。一緒に行った人がキャベツのお代わりを頼んだら、おれのキャベツもてんこ盛りにされたw

「中華 またきてや」
店名がウケた。料理もうまかった。

「洋食 おかもと」
事前知識なくふらっと入ってみた。雑誌にも取り上げられている有名店らしい。ランチは800円くらいで、うまい。夜も来たい。というか、ワイン飲みながら料理が食えれば昼でもいい。この日は仕事中だったので諦めた。

「和歌山ラーメン」
深夜まで作業していたときに寄った店。なんか、ほっとする味。

とりひめ 江坂店
夜、呑みに行った。鳥の写真を見せると、500円引き。けっこうみんなうまかった。

◆ カブトムシ
一匹、ケースの端から見える位置にいた蛹が、成虫になった模様。
まだあまり動かないのは、こういうものなのかなあ?
さとの友達のうちでは、全滅しちゃったらしいけ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Thursday, 23 February 2006

My unqualified host name

メールの話題。といっても最近のあのメールじゃなくて、MTAのほう。

システムも最終フェイズになってくると、ログをチェックしたがる人がいる。その人からsyslogにこんなのが出てますと言われた。

Feb 23 15:58:29 gaplant sendmail[14772]: My unqualified host name (gaplant) unknown; sleeping for retry
Feb 23 15:59:29 gaplant sendmail[14772]: unable to qualify my own domain name (gaplant) -- using short name
DNSのない環境なんで、FQDNが引けないからなんです。と説明したがいまひとつ納得してもらえない様子。今回はsendmail.cfはデフォルトのまま変更してないし、そもそもメール使ってないじゃん、と言ってみたものの。。
何とか出ないように、といわれたので軽く請け負った。

最悪、

*.debug | grep -v (以下自主規制)
とでもすりゃ、とw

で、実は5年ぶりにsendmailをいじるので、すっかり忘れてしまった。テストモードにどうやってはいるんだっけ?なんてことを思い出すことからはじめる。

sendmail -C /etc/mail/sendmail.test -d0.1 -bt
これでテストモードには入れるんだけど、この段階でも、FQDNがないって言われてしまう。

さてどうするか。
今回のシステムでは、商用としてサポートのない製品は導入することができないので、postfixもfetchmailも使えない。使えるのは、AIXについてくるsendmailだけ。これだけのために、バカ高いこうもり本を買うのもバカらしいし。。。
sendmail(volume 1) sendmail(volume 2)

とりあえずsendmail.orgに行ってみると、sendmail Xなんてものが。テスト環境でも作ってみるか、なんて本来の目的から逸脱しそうな誘いを振り払って。

要するに、FQDNで名前解決できれば言いわけですよ。netsvc.confに

hosts = local
と書いてみたが、やっぱりだめ。ならば、とsendmail.cfに
Dm.
と書いてみたけど駄目だった。
Dj$w.
もだめ。どうしたもんかととりあえずhostsに
192.168.0.5 gaplant.
と書いてみたら、sendmailくんがおとなしくなりました。

しかし、かっこ悪いな。なんか別の方法ないかなあ。。

| | Comments (80) | TrackBack (0)

Friday, 06 January 2006

isdigit

KornShellで数値を判断するロジック例。(「isdigit.ksh」をダウンロード

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Friday, 29 July 2005

SRC subsystemのテスト

テスト用モジュールを用意。今回はシェル・スクリプト。

# cat /tmp/work/srctest
#! /bin/ksh
LOGFILE=/tmp/work/srctest.log

logwrite()
{
  echo $(date) $* >> ${LOGFILE}
}
trap 'logwrite SIGTERM recieved ... exit ; exit' TERM

logwrite program start
while :
do
 cat /dev/null
done
# mkssys -s SRCtest -p /tmp/work/srctest -u 0 -S -n 15 -f 9
0513-071 SRCtest サブシステムが追加されました。
# startsrc -s SRCtest
0513-059 SRCtest サブシステムは始動しました。サブシステム PID は 36456 です。
# lssrc -s SRCtest
Subsystem Group PID   Status
 SRCtest        36456 活動状態
# stopsrc -s SRCtest
0513-044 SRCtest サブシステムは停止を要求されました。
# lssrc -s SRCtest
Subsystem Group PID   Status
 SRCtest              操作不可
#

ログとerrptも確認してみる。
SRCによる自動再起動のテスト。以下、画面は端折る。

# chssys -R -s testtest
# startsrc -s testtest
# lssrc -s testtest
# kill -9 [testtest.pid]
# lssrc -s testtest

で、もう一度ログを確認してみる。
無事再起動できたら後片付け。

# stopsrc -s SRCtest
0513-044 SRCtest サブシステムは停止を要求されました。
# lssrc -s SRCtest
Subsystem Group PID   Status
 SRCtest              操作不可
# rmssys -s testtest
0513-083 サブシステムが削除されました。

| | Comments (165) | TrackBack (0)