Monday, 21 May 2007

神の雫

ちょっと遅くなったけど、5/17発売のモーニング掲載の神の雫は、まるでガンダムの41話。

次回は、

「あなたの来るのが遅すぎたのよ」
「遅すぎた?」
「なぜ、なぜ今になって現れたの?
なぜ、なぜなの?なぜあなたはこうも戦えるの?あなたには守るべき人も守るべきものもないというのに」
「守るべきものがない?」
「私には見える。あなたの中には家族もふるさともないというのに」
「だ、だから、どうだって言うんだ?」
そして、遠峰が現れ「奴との戯れ言はやめろ!」と。
となると、ローランは・・・

やや設定が食い違うけど、ガンダムをなぞる話のほうが面白そう、と思ってしまうのはサガでしょうか。

アニメ化するなら、ぜひ、お三方にお願いしていただきたいものです。

| | Comments (37) | TrackBack (0)

Friday, 18 November 2005

耐震実験

昨日、テレビ見てたらパナホームTVCMをやっていた。耐震実験のCMで、「パナホームの住宅はくり返しの地震に強い」と言った内容。耐震実験は、同一住宅で72回繰り返しても問題なかったという・・・
すごいね。こういう耐震住宅は、地震大国の日本ならではといいますしね。

でね。気になるんです。続きが。

アラ探しというわけじゃないけど。。。
73回目の実験はどうだったんですかね。
例えば、壁にヒビが入るとかしたんですかね?

73回目以降の情報をお持ちの方、いませんか?どうなったのか教えてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 22 August 2005

ひみつの箱 第11話

ビックコミックオリジナルで連載中のひみつの箱
今号は一気に動きが!!

実家に帰ったキョーコ先生。家にあった小学校の卒業アルバムを何気なく見ていると、ワケアリくんそっくりな少年が。
そんなあるとき、キョーコ先生の彼氏が、職場の小学校へ来てしまう。小学校に勤めているのは秘密だったのに。それを見かねたワケアリくんはキョーコ先生の手を取り、自宅へ。

詳しくは誌上にて御覧頂くとして。

つづきが気になる。

早く次号が読みたい!!
が、なんとなく今号の続きは書かれずに、ラストシーンが回想として出てくるような予感。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, 24 February 2005

影風魔ハヤセ

講談社から月2回発刊のイブニング(モーニングともどもホームページは無し)で新連載された「影風魔ハヤセ」。
本能寺の変関連の本は何冊か読んだことがあるけど、そうか、こういう展開もありか。
で、嵌められた光秀は追われる身となるわけか。
うーん。意外。
光秀が生きていて後に南光坊となる話(早乙女貢明智光秀 なぜか@niftyBOOKSには同書がないのでamazonにリンク)は読んだことがあったけど、この説も原作があるんだろうか。

ネット検索をしたら、三田主水さんの主水血笑録にも影風魔ハヤセの記事があった。
そうだ、忍者の漫画だったねw
冒頭の本能寺の変の展開があまりに意外過ぎて、忍者の話(←主人公ハヤセ)のことを忘れてたw

つづきが気になる。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Monday, 21 February 2005

ひみつの箱

ビッグコミックオリジナルで連載中のひみつの箱
大まかなストーリーは、

実年齢はオトナなのに、外見、カラダがコドモというワケアリくん。
幼馴染で初恋相手のキョーコちゃんは小学校の保険の先生。
ワケアリくんは小学生としてその小学校に通うことに・・・

という内容。今号のあらすじは、

キョーコちゃんとデートがしたいワケアリくん。
でも小学生が保険の先生を誘ってデートするわけにもいかない。
そこで、前号で病気になったワケアリくんを看病してくれたキョーコちゃんに対し、
ワケアリくんのお父さん(実際はお父さん役)が、お礼に、と食事に誘うというもの。
お父さん役のカトーさんには途中で帰ってもらうので、残った二人はデート、となるわけ。


ところが。
デート当日、お父さん役のカトーさんがこない。
しかたなくレストランに向かうものの、高級レストランに、小学生が女性をエスコートしても門前払い。
店の外に出ると雨振り。ワケアリくんはキョーコちゃんにジャケットをかけようとするものの、それも叶わず。
失意のまま家に着いたワケアリくんは悔しさで涙を流す。

本当はオトナなのに。
好きな女性をレストランに誘うことも出来ないなんて。

次の日。朝のニュースでカトーさんが逮捕されたことを知る。

もともと浦沢直樹のPLUTO が読みたくて買ったんだけど、今週のひみつの箱は良かったなあ。早く続きが読みたいなあ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)